6月 27

今では定番となったノンシリコンシャンプー。

最近ではノンシリコンシャンプーの次のブームといわれている
ボタニカルシャンプーが人気です。

ボタニカルシャンプーは植物の力を活かしたシャンプーということのようです。

今回はボタニカルシャンプーについてではなく、
ノンシリコンシャンプーのおすすめの選び方についてご紹介したいと思います。

まず、そもそもノンシリコンであることはブームどうこう関係なく良いことなのでしょうか?

シリコンシリコンってみんな呼んでいますが、
正式にはノンシリコーンが正しいようです。

そして、シリコーンという成分自体はお肌への刺激となるような成分ではありません。

ではなぜシリコーンを配合していないシャンプーがこんなにブームとなったのでしょうか?

それは、シリコーンが毛穴に詰まって抜け毛となったり、
キューティクルにくっついたシリコーンが剥がれる際にキューティクルを剥がしてしまうとか、
シリコーンによってコーティングされることによって他の栄養成分が髪に届かなくなるというのが理由のようです。

それが本当かどうかはわかりませんが、
ノンシリコンである一番のメリットは素髪の状態を確認できるということだと思います。

シリコーンというコーティングがされていると、
実際は髪がパサパサで傷みきっているのに手触りが良いので気付かず、
それによって後々の髪や頭皮の悩みへとつながってしまう可能性があります。

髪本来のツヤやハリ・コシなどを取り戻すにはノンシリコンシャンプーであるほうが良いのです。

そして選び方としては、
洗浄成分が最も重要となります。

コーティングもせず、洗浄力や脱脂力の強い洗浄成分が使われたシャンプーを使用すると
髪はどんどんダメージを受けてしまいます。

これではノンシリコンシャンプーである意味が全くなくなってしまいます。
頭皮をいたわり、そこから生えてくる髪が健やかであるようにするには、
適度な洗浄力で髪も頭皮も優しく洗い上げるノンシリコンシャンプーを選ぶことが大切です。


leave a reply