12月 4

ニキビ跡消すというのは簡単なことではありません。

特に凸凹のクレーターニキビというのはお肌の傷と同じです。

しかも表皮なら再生できるものの、その奥の真皮にあるコラーゲン組織がダメージを受けているので根の深い傷なのです。

色素沈着のニキビ跡もニキビによる炎症と闘い続けたお肌がお肌を守るためにメラニンを大量に分泌し続けた結果残るものです。

なぜここまで症状が悪化するのでしょうか?お肌には本来お肌を守るための防御機能とダメージを負っても自然に治療する機能が備わっています。

その本来のお肌の機能が正常に働いていないからこのような跡が残りやすいとも言えます。

なぜ正常に働いていないのでしょうか?

それはお肌が弱っているからです。弱っていて本来の力が発揮できていないのです。

お肌が弱っているとどういうことになるかといいますと、

まずはあらゆる肌トラブルの敵である乾燥肌、そしてターンオーバーの遅れ、といったことです。

お肌のバリア機能ももちろん低下しますので、紫外線によるダメージにも弱くなり、

それによってさらに乾燥、ターンオーバーの遅れという悪循環を引き起こします。

乾燥したお肌を潤すために皮脂が過剰分泌され、その皮脂を餌にニキビ菌が繁殖、赤ニキビと呼ばれる状態になります。

これらを根本から改善するにはお肌への潤いと保湿が不可欠です。

弱ったお肌を健やかなお肌へと導くために根本ケアが必要になります。

ニキビケアについての情報はこちら⇒ニキビ跡消すおすすめ方法が盛りだくさんの情報サイト


leave a reply