6月 16

少し前にシャンプーの中でもノンシリコンシャンプーがブームとなりました。

15年前くらいまではシャンプーといってもそれほど種類もなく、大手メーカーのシャンプーばかりでした。

それがノンシリコンシャンプーブームとともに今では数えきれないほどのシャンプーが発売されています。

これだけシャンプーが増えてしまえば、どのようなシャンプーが本当に髪や頭皮にとって良いのか判断に迷うところです。

ですが、いくらシャンプーが増えていっても、昔から変わらずおすすめのシャンプーを見分ける方法があります。

それを知るだけでシャンプーの選び方が劇的に変わります。

シャンプージプシーの方もシャンプー選びから解放されるかもしれません。

シャンプーを選ぶ際には選ぶ為の判断基準が必要になります。
判断基準は本来、人それぞれ違っているのが普通で、香りで選ぶ人もいれば、ボトルの可愛さ、口コミ、評判等で選ぶ人もいると思います。

それはそれでかまわないのですが、ある一つの基準によってシャンプーを選別し絞ることで、その中から好みに合った良質なシャンプーを選ぶことができるようになります。

髪や頭皮に特に悩みもないというのであれば、自由にシャンプー選びを楽しんでもらえればいいと思います。
もし、髪や頭皮に気になる点があって何とかしたい!と思っているのであれば、シャンプー選びの際にある一つの判断基準を追加して頂くことで素晴らしいシャンプーに巡り合える確率が断然上がりますので、是非参考にしてもらえればと思います。

シャンプーを選ぶ際の大切な判断基準については下記サイトをご覧ください。
おすすめシャンプーの選び方


3月 21

今はノンシリコンシャンプーブームなので次から次へとノンシリコンシャンプーが登場しています。
そんな中どのノンシリコンシャンプーが良いのかわからなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

シャンプーの選び方はシリコン入りでもノンシリコンでも基本的には変わりません。
シャンプーの品質を決めるのは配合されている成分です。
特にシャンプーのような洗浄することが目的の化粧品の場合は、
ベースとなる水の次に洗浄成分が多く配合されているため、洗浄成分の質がシャンプー自体の質に大きく関わってきます。

ではなぜマーガレットジョセフィンシャンプーがオススメなのかといいますと、
シャンプーの質を左右する洗浄成分が頭皮や髪に優しいアミノ酸系の成分であるということです。

さらに、シャンプーだけでも充分潤いを与えるほどのマリンコラーゲンが配合されています。
このマリンコラーゲンは北海道の鮭から摂れたものを使用しています。

最後に、頭皮環境を整えるためにSODという成分が配合されています。
SODというのはエイジングケア成分です。

マーガレットジョセフィンシャンプー自体このような品質のノンシリコンシャンプーとなっていますが、
香りも人気の一つです。パッションフルーツの女の子らしい香りが女子力アップです。

マーガレットジョセフィンシャンプーのご購入はこちら⇒潤いたっぷり!マーガレットジョセフィンシャンプーの通販サイト


1月 30

ヘアケアの悩みの一つにフケやかゆみが挙げられます。

フケというのは基本的にフケ菌と呼ばれるカビの一種によっておきます。
それ以外にも細かい乾燥したフケは頭皮の乾燥によって起きていることもあります。

頭皮のかゆみはどうかといいますと、
頭皮のかゆみの原因とされるのは3つです。

それはフケ菌によるもの、血行が良くなって起こるかゆみ、シャンプーが合っていない。

このようなことが原因として挙げられます。

ではそれらを改善するにはどうしたらいいでしょうか?

ほとんどのシャンプーにはフケ・かゆみを抑えるための植物由来成分などが配合されています。
それなのにフケやかゆみが治まらない。

フケはカビの一種によるものといいましたが、
基本的にもともとカラダにいるカビです。
そのカビが繁殖することで症状として現れますが、なぜ繁殖するのか、
頭皮には本来カビとのバランスを保つような機能がありますが、
頭皮が様々な負担を受けることでバランスが崩れてしまいます。
そうなるとカビが増えてしまいます。

その為、シャンプーを選ぶ際に低刺激で頭皮に負担をかけないシャンプーを選ぶ必要があります。
かゆみの原因の一つであるカビによるものも低刺激なシャンプーによって改善されるでしょう。
ではシャンプーが合っていない場合はどうしたらよいのでしょうか?
人それぞれアレルギーがあるものが違いますので、一概には言えませんが、
低刺激でシンプルな成分構成のシャンプーがオススメです。
たくさん成分が配合されているとどれが原因か特定しにくくなります。

原因が特定できれば一番ですが、どんなシャンプーを使っても改善されない場合は、
シャンプー以外の生活習慣や食生活、ストレスなどの見直しをしてみましょう。
外と内両方のケアをすることが大切です。

低刺激シャンプーやノンシリコンシャンプーなど
シャンプーラインナップが豊富なヘアケア専門サイト「シャンプーオンライン」では悩み別のオススメシャンプーなどが豊富にそろっていますので、参考にしてみてください。

シャンプーの通販ならこちら⇒頭皮の悩みにオススメのシャンプーが勢揃い!シャンプーオンライン


12月 5

アンナトゥモールというのは無添加で自然派にこだわった化粧品ブランドです。

アンナトゥモールのコンセプトに基づいて生み出される化粧品はどれもお肌に優しく、敏感肌の方にもお使い頂けます。

アンナトゥモールは防腐剤でよく使用されるパラベンを使用していません。代わりにローズマリー葉エキスの防腐力を利用しています。

その低刺激な品質は大変人気でとくにアンナトゥモール製品のラインナップの中ではシャンプー、コンディショナー、UVベースクリームが支持の高い商品となっています。

シャンプーもコンディショナーもノンシリコンで作られており、ノンシリコンにも関わらず、きしみもなく、使用感が良いといった高い品質となっています。紫外線対策は実は年中必要なものなので、UVベースクリームもその安全性の高さからとても人気です。

これまで色々なシャンプーを使っていたけど頭皮が乾燥するとかフケがとまらないといった悩みがあるのであれば、アンナトゥモールのノンシリコンシャンプーを使ってみることをオススメします。

ノンシリコンでありながら、その使用感の良さと洗い上がりのしっとり感にきっと驚かれることと思います。
アンナトゥモールの化粧品は全て同じコンセプトに基づいて作られているので他のラインナップも低刺激となっています。

アンナトゥモールの購入ならこちら⇒アンナトゥモールの通販サイト


12月 4

ニキビ跡消すというのは簡単なことではありません。

特に凸凹のクレーターニキビというのはお肌の傷と同じです。

しかも表皮なら再生できるものの、その奥の真皮にあるコラーゲン組織がダメージを受けているので根の深い傷なのです。

色素沈着のニキビ跡もニキビによる炎症と闘い続けたお肌がお肌を守るためにメラニンを大量に分泌し続けた結果残るものです。

なぜここまで症状が悪化するのでしょうか?お肌には本来お肌を守るための防御機能とダメージを負っても自然に治療する機能が備わっています。

その本来のお肌の機能が正常に働いていないからこのような跡が残りやすいとも言えます。

なぜ正常に働いていないのでしょうか?

それはお肌が弱っているからです。弱っていて本来の力が発揮できていないのです。

お肌が弱っているとどういうことになるかといいますと、

まずはあらゆる肌トラブルの敵である乾燥肌、そしてターンオーバーの遅れ、といったことです。

お肌のバリア機能ももちろん低下しますので、紫外線によるダメージにも弱くなり、

それによってさらに乾燥、ターンオーバーの遅れという悪循環を引き起こします。

乾燥したお肌を潤すために皮脂が過剰分泌され、その皮脂を餌にニキビ菌が繁殖、赤ニキビと呼ばれる状態になります。

これらを根本から改善するにはお肌への潤いと保湿が不可欠です。

弱ったお肌を健やかなお肌へと導くために根本ケアが必要になります。

ニキビケアについての情報はこちら⇒ニキビ跡消すおすすめ方法が盛りだくさんの情報サイト


10月 20

長年ニキビに悩まされている方、原因はわかっていますか?ストレス抱えていませんか?食生活偏っていませんか?生活リズムはちゃんとしていますか?お肌に合った化粧品を使用していますか?これらがお肌を弱らせる要因になりえることですが、これらがニキビの原因を作っているという認識をしっかりと持つことが必要です。

やみくもにニキビケアと名のつくスキンケアを片っ端から試してみても非常に効率が悪く、その上下手したら悪化しかねないですよ。だからあれこれ試すまえに思い当る原因がないか考えてみてください。体は食べたものでできている以上、食生活というのはもろに体に影響します。お肌にももちろん影響しますよね。ストレスは活性酸素を生み出し体をサビさせます。ということはお肌が老化していくということです。睡眠もきちんととっていないとお肌を生まれ変わらせるターンオーバーなどが適切な周期で行われなくなってしまいますよ。

そして、ニキビによってニキビ跡が残ってしまった方。凸凹のニキビ跡は確かにスキンケアでは治りません。中には治ったという方もいらっしゃいます。なぜでしょうか。ニキビができにくいような健やかなお肌を目指しているということは自然に抵抗力も高まりお肌の細胞も活性化しやすくなっていくからです。その過程でたまたまニキビ跡に効果が出たという方はいらっしゃるようです。基本的には病院にいってくださいね。

ニキビケアは健やかなお肌を目指すことが一番です。早く確実にニキビ跡消すことをしたい方は病院で治療を受けましょう!

適切なニキビケアをおこなうことがニキビ予防やニキビ跡のケアにつながります
ニキビについての詳しい情報はこちら⇒ニキビ跡消すために必要な情報サイト


10月 1

ノンシリコンという言葉がブームになっている近年。新たに発売されるシャンプーはノンシリコンのものばかりです。
なぜこんなにもノンシリコンシャンプーが流行ったのかは企業のプロモーションの成果でしょう。

シリコン自体は無害の成分であるにもかかわらずなぜこんなにも悪者扱いされているのか、
しかもシャンプーはノンシリコンのものを選ぶ多くの女性がなぜふつうの化粧品にはシリコンが入っているものを買っているのか。頭皮もお顔も手も全てお肌ですよね。なのに頭皮にシリコンはダメで手や顔ならいいと。みなさん手や顔は全くムダ毛処理しなくて大丈夫ですか?シリコン入りのクリームを塗っているのは洗い流すシャンプーよりもお肌に塗られた状態が長くなります。その時間は比べ物になりません。シリコンが毛穴に詰まって髪が抜けるというのがそんなに顕著にあらわれるのであれば、今頃みなさん顔も腕も脚もムダ毛ゼロのツルツルお肌ですね。

ノンシリコン美容液とかそんな表現存在しないですもんね。だからみなさん気にもしていないはずです。
だからなぜシリコンをそんなに悪者にしてノンシリコンであることを善と認識しているみなさんがシリコン入りの化粧品を平気で使っているのか不思議でなりません。

シャンプーはシリコンどうこうでは本来ありません。目を向けるべき箇所が違うんです。
ブームや流行に流されないようにしてください。


9月 12

誰もが毎日お風呂で行う行為がシャンプーです。毎日使うものこそ本来品質に気をつけたほうがいいのです。なぜなら経口毒といわれる口から取り込んだ毒、牡蠣にあたるとか、フグの毒にあたるとかそういった口から入る毒というのは比較的即効性があり、すぐに症状が表れやすいため皆様警戒をしますが、経皮毒すなわちわかりやすくいうと薬用湿布やニコチンパッチなどカラダに貼ることで皮膚を通して成分を体内に届けるものが経皮毒の仕組みですが、人体は元々自然界に存在するようなものであれば、体のバリア機能が働き体内への侵入を防ぐのですが、人間が人工的に作りだしたものに関してはその限りではありません。体内に侵入する毒性の強い成分が配合されているものを毎日使うことは徐々に体の中に毒物が増えて行っているということなので、すぐに症状は表れませんが、何十年後かには影響を及ぼす可能性があります。
ノンシリコンシャンプーだ、シリコン入りシャンプーだという論争が起こっていますが、はっきりいってどうでもいいことです。シリコンは先ほどでいう毒性のある成分ではありません。もっと毒性の強い成分で皆様が使っているシャンプーはじめ様々な化粧品に使われている身近な成分があります。それがラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムです。これらの成分が入っていればノンシリコンシャンプーだろうとなかろうと関係ありません。
しかし、残念ながらノンシリコンシャンプーが売れるという情報だけでシャンプーについての知識もさほどない会社が安易にノンシリコンシャンプーを作り販売します。これらのノンシリコンシャンプーには高い確率でこのラウリル硫酸ナトリウムなどが使われています。大手のシリコン入りシャンプーもこれらの成分を使っているケースが多いです。頭皮や髪にガンガンダメージを与えたとしてもシリコンという最も優れたコーティング剤を使用することで手で触る分にはわからない、むしろ使用感はなによりも良いということで多くの人の髪や頭皮がとてもダメージを受けているのが現状です。ですが、このようなことは自分自身で成分についてちょっとでも調べれば良いシャンプーなのかダメなシャンプーなのかは見抜けるようになります。シャンプーの中でも配合率の高い界面活性剤といわれる成分だけでも調べてもらえばほとんど見分けれるでしょう。
簡単に広告宣伝などに惑わされずに成分を見て商品選びをしましょう。
ちなみに低刺激で安全性の高い成分で作られているシャンプーであれば、シリコンは必要ではありませんので、ノンシリコンシャンプーをお勧めします。シリコンなど入っていなくても髪本来のツヤやハリを取り戻すことができるようになるからです。だから、そういう理由でノンシリコンシャンプーを奨めます。ノンシリコンシャンプー=全ていいというわけではありません。

シリコン配合かノンシリコンよりも大切なことがあります
良質なノンシリコンシャンプーをお探しならこちら⇒髪や頭皮に優しい!ノンシリコンシャンプーの通販サイト


9月 12

ノンシリコンノンシリコンといいますがノンシリコンシャンプーの何がいいのか知っていますか?ノンシリコンであることがシャンプー自体の品質の差つけるのかというとそんなことはありません。

たいして重要な問題ではないと考えます。
なぜならシリコン自体が安全な成分だからです。
シリコン自体に毒性があるのであれば、それが肌や髪に付着している状態が続くのは良くありません。
しかし、シリコンというのはコーティングこそすれど、肌の中に浸透し経皮毒を促すようなものではありません。
キューティクルを剥がすとか毛穴に詰まるとかいいますが、
キューティクルを剥がすという表現は適正ではありません。
そもそもシリコン入りシャンプーの99%は洗浄成分がとても強力なものを使っています。
そんなシャンプーで毎日洗浄していると髪がダメージをうけキューティクルも剥がれるっていうもんです。
毛穴に詰まるというのも実際髪が伸びる際に浮かされますし、皮脂も詰まりっぱなしとは考えにくいです。
強烈な洗浄成分とシリコンはセットでなければならないのです。
なぜか、強烈な洗浄成分で髪と頭皮にダメージを与えることで髪は乾燥し、頭皮が傷むことから髪が細くなり、いわゆるダメージ毛になって手触りも悪くゴワゴワしたりもします。シャンプーするたびにそんな状態になっていてそのシャンプーを買いますか?買わないですよね?安くても使うたびにバシバシでツヤもコシもないような髪になっていくシャンプーを。
でも皆さんが使っている安い市販のシャンプーって実態はそんなシャンプーですよ。それをシリコンというコーティングでごまかしているんです。ツヤや手触りなどをシリコンでごまかすから使用感が良く買ってくれるシャンプーになるのです。
ノンシリコンシャンプーであっても他のコーティング剤を使っているシャンプーもありますし、単純にノンシリコンだから良いんだということにはなりません。
でもひとつ言えることはノンシリコンであり、他のコーティング剤もつかっておらず、栄養美容成分だけで構成されているシャンプーで髪がバシバシにならず、自分で傷んでるように思わないようであれば、それは本物のシャンプーでしょう。
シリコンが入っていないだけで使用感はかなり低下します。
それだけシリコンが優秀というだけのことです。
ノンシリコンシャンプーの巧みな罠に騙されてはいけません。騙されてはいけませんが、きちんとシャンプーの成分についての知識をつけてシャンプー選びができるのであれば、ノンシリコンシャンプーがいいのは当たり前です。
健康的な髪はコーティングする必要がないのですから。


9月 10

シリコン入りだから悪いとかノンシリコンシャンプーだからいいとかそんな基準でシャンプーは決めて欲しくありません。
ノンシリコンシャンプーでもダメなシャンプーはたくさんあります。
今回は良いノンシリコンシャンプーを紹介したいと思います。

まずはアロマキフィシャンプーですね。何種類か発売されていますが、どれもノンシリコンでありながら、低刺激な洗浄成分で構成されています。
そして、マーガレットジョセフィンのシャンプーも低価格で良いシャンプーです。
また、高級なものでいうとシャハランメスリザシャンプーは最高級のシャンプーと言われていますね。もちろん成分はとても良いです。
あとはロゴナのシャンプーもオーガニック志向でただのオーガニック志向でなく、きちんと成分を低刺激なものを採用している良いシャンプーです。
オーセルシャンプーもとっても良いシャンプーです。そしてアンナトゥモールのシャンプーも良いシャンプーです。

シャンプーというものはほぼ水でできています。そして次に界面活性剤(洗浄成分)が多く含まれているものです。成分表を見てもらえばわかると思います。
化粧品というのは1%以上配合量の成分は配合量順に表示しなければならないというルールがあります。1%未満の成分は順不同です。もちろんですが、配合されている量が多い方が髪や頭皮に作用する力も大きいはずです。
ということは洗浄成分は水の次に配合量が多いので髪や頭皮への影響力も大きいのです。
だからこそ洗浄成分はシャンプーの質を決めるうえでとても大きいウエイトを占めます。
ノンシリコンであっても洗浄成分が良くないと意味がありません。それならシリコン入れといたほうが使用感は良くなるはずです。
くれぐれもノンシリコンシャンプーであればオッケーという考え方だけはおやめいただくことをオススメします。
それこそメーカーの思うつぼですよ。
めちゃくちゃシャンプーに詳しいメーカーもあれば、ただたんにマネして作っただけでシャンプー自体に全く詳しくない皆さんと同じ知識しかない人が作ったノンシリコンシャンプーもあります。